So-net無料ブログ作成

南の島で平和の意味について考える [所感、雑感]

 連休を利用して沖縄へ行ってきました。

 もちろん海へも行きましたが、今回は南部へ足を伸ばしてひめゆりの塔に献花をしてきました。同世代よりもまだ若い、前途有望な少女たちが戦争の犠牲になった場所です。

 彼女達に比べて、私たちは幸せな時代に生まれました。生きるという事と、真摯に向き合わなくてもよい時代。平和な時代。働かなくても食べていける若者がいる。好きな仕事を選んで働くことができる。夢に向かう途中で命を落とすこともない。
 
 しかし、日本は今、決して偶然平和なわけではありません。戦争反対と言ってさえいれば、幸せな時代が続くわけでもありません。我が国の平和というものが持つ意味を、私も含めた今の若者はもう一度かみしめる必要があります。
 彼女達の尊い犠牲の上に今の日本があるということを、しっかりと胸に刻まねばならないと思います。

ひめゆり2.JPG
ひめゆりの塔の前にて。
ひめゆり3.JPG
このような洞窟が野戦病院になっていたそうです。
ひめゆり4.JPG
今でもたくさんの人が、花を手向けに訪れていました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 0

コメント 2

マー

そのためには政治への関心が必要だと思います。




by マー (2008-07-30 01:32) 

きばた

その通りですね。
若い世代の政治への関心こそが、日本を良くする力になります。
by きばた (2008-08-05 13:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。